はじめに&連絡先  更新履歴  ニコニコ動画(みけゆにこ)
ブログホーム:新着記事 ▶ 個別記事
(例:HALO4 乗り物操作

Dishonored プレイ感

ディスオナード、ミッションの途中までをプレイ。軽めのネタバレ。 更新3回


・グラフィックの評価を修正しました

はじめの暗殺ミッションを難易度NORMALで、途中までプレイしました。
主人公は右手に剣を装備し、左手でクロスボウや銃、そしてガジェットや超常能力を扱います。
ライフは自動回復なし、ライフ回復薬は拾ったり購入します。超常能力を起こす際に必要なマナは、時間が経つと自動で一定回復します。時間をおいて使えば、マナはなくならないので、ゆっくり進めばマナ回復薬なしでいけそうです。
プレイする前はBIOSHOCKに似ているかなと思ったのですが、暗殺がメインとなるゲームなので、天誅に近い感じがします。

グラフィック
テクスチャ、人間グラフィック、ゲーム性を考慮すると素晴らしいと言えます。明るさの設定で、雰囲気が大きく変わります。光の表現が美しく、トタンなどに反射する太陽光、ライトなどが見所です。テクスチャは粗めかと思ったのですが、暗いステージでは十分な美しさです。ロード時間との兼ね合いを考えると、うまく見せているように思います。
グロ表現は、出血の他に、敵兵を首はねなど(欠損部位を持ち運べます)、ネズミを剣でばらばらにする、ネズミが死体を食べる(骨まで食べていきます)などです。

ゲーム性
最初の暗殺ミッションでは、敵兵士が徘徊するエリアを進み、目標人物を探します。
スニーキングの難易度はMGSに近いものがあります。普段は敵がどこにいるかわかりませんが、能力のひとつに敵の体とその視界を表示するものがあます。これはソリトンレーダーのFPS版を想像してください。敵の視界は、真横より後ろなら近づけるくらいです。

スニーキングで近づくと、相手を簡単に無力化できます。剣で刺すか、首を締めて気絶させると、運べるようになります。死体を発見されると警戒が強化されるので、人通りの多い場所では死体を隠した方がいいかもしれません。

敵に発見されると増援を呼んで、即座に襲ってきます。こちらも武器で戦うか、逃げることになります。剣対剣での戦いは攻撃と防御、そしてカウンターで決まります。剣は右手で扱うので、左手をクロスボウとしたり、超常能力にしたりとスタイルによって変更できます。

主人公のダッシュと敵のスピードは同じくらいで、逃げ切ることが難しくなっています。そこで超常能力を使って瞬間的にワープしたり、高いところへ登るなどしてやり過ごします。ここでは剣を持った敵が多く、高いところへ逃げれば安全ですが、近い距離なら石をぶつけてきます。地味に痛いです。

強化
プレイヤーはルーン、ボーンチャーム、お金を使ってパワーアップします。
ルーン・・・超常能力を獲得または強化
ボーンチャーム・・・いつでも付け替えることができるお守り
お金・・・武器や弾薬の購入、アップグレード。拠点で行う

探索要素
メインのミッションの他にはサブミッションと探索要素があり、サブミッションはメインミッション進行中に請け負います。探索要素はルーン(能力のパワーアップに使う)やボーンチャーム(身に付けると効果を発揮するお守り)があります。探索用アイテム入手後は、アイテムの位置がわかります。
プレイ中の世界観の説明には、オーディオログ的なもの、本などの読み物、立ち話などです。読み物の中には長めのものもあります。

翻訳
音声は日本語。字幕オプションは3つあり、「常に表示」「主要なセリフ」「なし」です。「主要なセリフ」をおすすめします。文字は小さめです。
和訳はたどたどしいところがありますが、問題ないでしょう。
関連記事
2012-10-11 / Dishonored編集) / Pagetop▲
スポンサード リンク
カテゴリ

■タイトルリストをみる

訪問者数
スポンサード リンク
ウィジェット