はじめに&連絡先  更新履歴  ニコニコ動画(みけゆにこ)
ブログホーム:新着記事 ▶ 個別記事
(例:HALO4 乗り物操作

HALO4 最近は 3/11号

HALO4マルチプレイ、これからは頭脳戦?

初心者から中級者、そして上級者へ
HALO4マルチプレイでは楽しく遊んでいますが、対戦技術の煮詰まりを感じています。初心者時代から随分成長しました。しかし、立ち回りには満足していません。さらなるパワーアップのため、マルチプレイ上達の回想を記します。

初心者時代は、目の前の道を進み、視界に入った敵を攻撃するだけです。その結果、試合に勝ったり負けたりしますが、勝敗の原因がわかりませんでした。行動がランダムなので、結果も毎回異なるわけです。試合の結果が「たまたま」ではないかと疑問に思うこともありました。

上達してくると、強力な武器を確保したり、味方を援護したり、倒されないように逃げることを覚えます。キルを増やしてデスを減らすように工夫するようになります。しかし、戦況を読めていないために、待ちぶせて先手をとることに執着した時期もありました。

さらに上達すると、味方との連携で敵チームを不利な位置へとリスポンさせたり、ランダム投下に対応できる位置取りをしたりと、試合全体の流れを見据えた行動が選択できるようになりました。

こうして振り返ってみると、はじめは、目の前の敵を倒すことのみが目的だったのですが、それが上達するに連れて「より倒しやすく工夫する」ようになり、そして「勝つために動く」ようになったと言えるでしょう。
「何のために行動するのか?」この言葉は立ち回りのヒントになりそうです。

詰めHALO
試合開始後の武器争奪戦を、頭の中で行う「詰めHALO」をしてみましょう。
例題)HAVEN インフィニティースレイヤー4v4
マップの情報はこちら : All Halo 4 Map Callouts with Images - Halo Cheats
配置されている武器の中ではスティッキーデトネーターが特に重要で、この争奪戦になるでしょう。チームメンバーは4人。どう配置しようかな。

メンバー1. 武器取得へ走る
メンバー2. 武器取得者を援護する
メンバー3. 挟み撃ちをすればストリートの敵を倒しやすくなるので、相手側初期地点へ向かう
メンバー4. メンバー3は敵チームからよく見え、反撃されやすいので援護する

という風に設定してみました。まとめると、武器取得メンバー2名、ストリートにフタをするメンバー2名ということで4人のチームが二手にわかれて進軍します。今後登場するスキルランク(CSR)に向けて、フォージマップの研究もしたいですね。

キャンペーンの疑問解決
キャンペーンにはいくつかのナゾ単語が登場しました。そのうちのひとつ「お前のアンシラか~」の解明に一歩近づきました。Halo: Cryptum The Forerunner Saga - Wikipedia  によると、アンシラとは:

Ancilla
フォアランナーが着用するアーマーや、使用する艦に備わっているAI。使用者に献身的に仕え、友人や助言者のように行動する。大概コルタナと同じように、青くて小さな女性の姿をとる。

・・・だそうです。封印されていたダイダクトにもコルタナのようなサポーターがいたのでしょうか。
関連記事
2013-03-11 / Halo4 プレイ記編集) / Pagetop▲
スポンサード リンク
カテゴリ

■タイトルリストをみる

訪問者数
スポンサード リンク
ウィジェット