はじめに&連絡先  更新履歴  ニコニコ動画(みけゆにこ)
ブログホーム:新着記事 ▶ 個別記事
(例:HALO4 乗り物操作

The Halo Bulletin: 4.17.13 の和訳 前編

武器調整の現状について

<< 和訳記事に関して >>
原文:The Halo Bulletin: 4.17.13

私がオンラインゲームをしていると、よく聞かれることが2つあり、それは "あなたは本当に女の人なのですか?" ということと "何をして1日を過ごしているのですか?"ということです。1つ目の答えは簡単です(答えはYESです。 情報元:自分で確かめました)が、2つ目の質問には考えてしまいました。ネコ画像を見ることを趣味として答えるか、あるいは自分の仕事の責任の紆余曲折について説明しようかと考えていたわけです。長い説明を答えにすると相手が眠ってしまうでしょうから、「Halo をプレイしています」と簡単に答えることにしました。しかし私はただ遊んでいるだけでなく、先週末は Halo 観戦をしてもいたのです。

Brad Weir 主催のHaloゲームイベント、 AGL Nashville は4月の12-14日間で行われました。私たち343 は、小さな投影スクリーンでトーナメントを映していました。そしてずっと Halo コミュニティーと一緒に、プロの Halo4 オンライン大会のストリーミング配信を見ていました。私自身のスキルはプロとは比べ物にならないものですが、プロレベルのゲームプレイは感動的でした。このように、週末は忘れられないものになりました。

Current State of Weapon Tuning  現在の武器調整について
ゲーム内容に手を加えることは何であれ、軽微に見えることであっても、危険で複雑であり、また時間がかかります。私たちはそのプロセスについて、簡単にいえば、面倒であり、退屈であるという理由から、詳細を明らかにしないことがあります。私たちは今後の武器調整アップデートについて、関心が寄せられていることを知っていますが(もちろん、私たちはフォーラムに目を通しています!)、武器調整の舞台裏をお伝えすることで、幸先の良いフィードバックの準備ができるようにしています。先週の記事では、武器調整の目標について共有しました。今週は、進展をお伝えしましょう。

今週の内容は変更される可能性があることをまずお伝えしておきます。ゲームは出荷されるまでに、様々な理由から更新が行われます。最終段階になるといくつかの波が発生し、より一層のテストの波があることでしょう(み:ここでの波とは、ゲーム内容の変更の影響が、波紋状に広がることか)。なので、今日は必要でないことでも、明日になれば必要になることがあります。

要するに:以下の調整は最終決定ではありません。実際には、最終決定のみが適用され、最終決定以外の内容が適用されることはありません。以下は考案中のものであり、決まり次第お伝えしますが、それまでは現状をお伝えします。

さて、Bravo からは過去7日間に渡る Halo4 武器調整について、お届けします。

Bravo の武器バランスニュースです。私たちは Halo4 サンドボックスで積極的に武器を調整しており、いくつかの点では詳細について、あなたと共有することができます。私は、マッチメイキングシステムチーム仲間の Quinn と共に、アップデートについての取り組みと、先週からの進捗について確認しました。これらの詳細は最終的なものではなく、来週にはまた最新の内容についてお伝えします。

プライマリウェポンこと精密ライフルについて取り組む必要があると、あなたも考えたかもしれません。ライフル間のバランスについては、2つの考え方があります:その1つは、DMRの威力を下げること、そして2つ目はサンドボックスのバランスをとるために、その他の武器の威力を向上させることです。考え方のどちらも、妥協点が存在することができる、としています。DMRについては、武器の持つ信頼性と一貫性のために、コミュニティーでは明らかに重用されており、私たちはキルタイム(み:キルまでの時間のことか)に変更が行われるべきだと感じています。そこで、バトルライフル、ライトライフル、カービンの調整は、DMRに対して、かなりの課題を発表しました。ここでは、現在行われてきた調整、およびそれぞれに関連付けられた課題があります。

Battle Rifle  バトルライフル
この武器の中距離での役割は、DMRの武器性能によって損なわれていると感じています。これに対抗するため、様々な調整を通じて、バトルライフルのキルタイムを減少することが考えられています。最終決定ではありませんが、これはファイアレート(み:発射速度)を減少させた上での "BRではキルまでに4ショット必要" を意味します(現在では5バーストでキル)。

LightRifle  ライトライフル
現時点では、レティクルが赤に変わる距離をDMRに合わせられています。

Carbine  コヴナントカービン
カービンはキルにかかるショット数が1つ減らされました。7ショットでキルです。この変更は、武器を習熟したプレイヤーへの見返りが少なかったことから行われました。

これらの変更では、いくつかの武器でキルタイムを増加しており、競争力のある Halo4 ウォーゲームを提供します。上記の調整で確定したとすると、最近距離であっても殴打されることから、自動小銃の調整を必要とします。その結果、アサルトライフル、サプレッサー、ストームライフルは、若干のダメージバフ(み:ダメージアップ)と、オートエイムの減少により、 プレイヤーは以前よりも正確さを求められます。この意味は、オートマチック武器は近距離でやや致命的な威力を持ち、プレイヤーは正確さを要求されるということです。

最後に、Haloのマルチプレイヤーにおいては、車両の必要性について理解していますから、ワートホグとマンティスのチェーンガンの威力アップが考えられています。

武器調整についてはこれだけではなく、ビームライフルのアシストなど、他の武器についても調整が検討されています。

この更新について意見を述べたり、議論する場合には、ページ下部の‘Discuss’リンク、あるいはWeapons Feedback まで。私たちはフォーラムをモニターし、変更や調整を行なっていきます。Halo4 の最適なゲームプレイのために、フォーラムのフィードバックに返答することがあります。




後編へ続きます
関連記事
記事につけられたタグ:<Halo4武器調整> 
2013-04-19 / Halo4 和訳編集) / Pagetop▲
スポンサード リンク
カテゴリ

■タイトルリストをみる

訪問者数
スポンサード リンク
ウィジェット