はじめに&連絡先  更新履歴  ニコニコ動画(みけゆにこ)
ブログホーム:新着記事 ▶ 個別記事
(例:HALO4 乗り物操作

こんな Halo はイヤだ その4

こんなゲームは嫌だよ

◆ HAYO : A MACHIDA CHIKAKO COLLECTION
あの Hayo シリーズの最新作がついに登場。今までの歴史を次世代機で体験できるソフトです。
ソフトのタイトルは「英字で書けば、それっぽく見える効果」(みけゆにこ,1999)によって作成されました。この記事では、先日GOMI-CON(ゴミゲーム・コンテスト)において行われたパブリッシングイベントでの、ファイナルディレクターを務める Koreha Dameda 氏による、ゲームの解説を掲載しています。

ファイナルディレクター Koreha Dameda :
こんにちは。ファイナルディレクターの Koreha Dameda です。すでに皆さんもご存知のように、私たち Hayo 開発チームは、Hayo5 で大いにやらかしてしまいました。Hayo5 発表後、ファンの皆様から数々のお便り、ご意見を頂きました。私たちは会議を開き、そこで三日三晩、休みなく議論を交わしました。

そして私たちは考えを改めました。従来どうりの FPS ジャンルに立ち返り、Hayo の根底について見直すことにしたのです。会議では多くのアイディアが打ち出され、「現在の問題リスト」に取り消し線が引かれていきました。結果を、この「HAYO : A MACHIDA CHIKAKO COLLECTION」に反映させましたので、ご期待ください。

◆ 新たなプレイヤーの役割
Hayo の根底にある楽しさとは、プレイヤー同士のコミュニケーションにあります。そこで、プレイヤーに新たな役割を与えることで、プレイヤー同士のコミュニケーションを活発化し、また、FPSの得意でないプレイヤーでも遊べるようにしました。新たな役割とは、ジャッジマネージャー、そしてマッチメイカーです。

ジャッジ
従来の FPS では、ヘッドショットやフラッグの獲得、リスポン先の指定などをコンピューターに任せていました。しかし、国民的なスポーツである野球やサッカーでは、審判は人間が行います。現代では、判定をコンピューターに任せることもできますが、あえてそうしていません。やはり、人間の暖かさというものが、白熱する試合には必要なのです。Hayo : MCC にも、この要素を取り入れました。

ジャッジを担うプレイヤーは、ダメージの計算、ヘッドショット判定などを行う他、選手をリスポン地点まで誘導したり、フラッグ獲得コール、武器のスポーンなどを手作業で行います。試合展開の早いゲームですので、選手ひとりにつき、最低でも、ひとりのジャッジがつくことになります。

ジャッジは、他のスバルタンチームとは異なるアーマーカラーで統一し、選手と同じようにアリーナに参加します。選手と異なる点は、健全な試合を保つため、特別な権限が与えられていることです。例えば、非紳士的なプレイには減点できますし、ルールに従わないプレイヤーをキックしたり、BANすることもできます。ジャッジに攻撃を加えるプレイヤーには、ペナルティが与えられることもあります。

マネージャー
マネージャーとは、チームを勝利に近づけるために、指示を出す役割です。戦況を把握し、陣形や攻めるタイミングを選手に伝えます。やはり、ジャッジや他のスバルタンチームとは異なるアーマーカラーで統一し、試合に参加します。

マッチメイカー
マッチメイキングシステムも、このゲームで大きく変わります。新登場のマッチメイカーは、ロビーで待機状態のプレイヤーの要望を聞き出し、それに見合った対戦相手を紹介します。接続が安定するようであれば、マップとルールをセットします。この役目には、クランやパーティーの知識が求められます。さらに、多様なプレイヤーとコミュニケーションをとるため、主要な言語をマスターする必要がありますが、非常にやりがいのある役目です。


いかがでしょうか。コンピューターに任せていた部分を人間が行うことによって、ゲームプレイは多くの人に支えられているのだということがわかるでしょう。人間のぬくもりが感じられるという、今までにないFPS ができたと確信しています。

Hayo : MCC は過去の Hayo 70作とそのリマスターがディスク1枚に入っている、超豪華仕様です。容量が膨大なため、ディスクの厚みが 15cm となっており、現在では対応する機種がないことが残念です(Xfox iine は8cmまで対応)が、開発は完了しており、あとは対応する次世代機を待つばかりとなっています。


タイトル / HAYO : A MACHIDA CHIKAKO COLLECTION
対応機種 / 次世代機・未定
レジェンダリー スタンダード エディション  ¥350000-
スタンダード コンプリート エディション   ¥350000-
アルティメット スターター エディション     ¥350000-




MACHIDA CHIKAKO / たぶん、時計デザイナーとかしてるひと。実在しない
ファイナルディレクター / ディレクター最後の生き残り

参考にしていないサイト:
Halo: The Master Chief Collection
Comic-Con International: San Diego

関連記事
2014-09-14 / ネタ編集) / Pagetop▲
スポンサード リンク
カテゴリ

■タイトルリストをみる

訪問者数
スポンサード リンク
ウィジェット