はじめに&連絡先  更新履歴  ニコニコ動画(みけゆにこ)
ブログホーム:新着記事 ▶ 個別記事
(例:HALO4 乗り物操作

シアターで研究しよう



HALO:REACHでは試合そのもののリプレイを鑑賞することができます。コマ送り機能は細かいところを確認するのに役立つでしょう。いろいろ研究できます。ミスがあった場合には反省することも大事ですが、ミスという事例を経験をしたことが大切です。あらゆる経験を吸収すればきっと強くなれます。

操作の確認
エイム・・・全体的なエイムの調子はどうだったか、レティクルは意識できたか。自分のショットが相手にヒットしているか確認します。DMRやハンドガンは発射間隔が命なので、確実に当たる撃ち方ができたかがポイントになります。やみくもに撃ちまくるのは厳禁です。

リロード・・・タイミングをみます。敵前に飛び出しながらリロードしていないか、クセでリロードしていないかも気をつけます。リロード中は壁に隠れて行うのが基本です。

グレネード・・・ピンポイント攻撃なら、思ったところへ投げ込めたかが第一。牽制で投げたなら相手の動きを見ておきましょう。

立ち回りの確認
武器管理できたか、クリアリングはできたか、戦闘に有利なポジションをとれたかなどを確認します。攻撃されたシーンで止めて、どこへ逃げるか考えるのもおもしろいですね。
他にもリスポン、強武器の対処など、見所は相当に多いです。それが分かる人はおそらく文章で書いて伝えるよりも自分のシアターを研究しているでしょうから、詳しく書きません。


コラム 試合結果の見かた
試合結果でまず気になるのはキル数とデス数でしょう。自分のキルが多くてデスが少ないと満足しがちですが、注意してほしいことがあります。それは仲間のデスが多いことです。

例えばチームの一人が敵と交戦してやられてしまった場合、弱った敵を自分が倒せばキル数はアップします。しかし試合展開としてはどちらのチームもポイントに差はありません。この展開が続いた場合は、自分のキルは多く、味方のデスが多くなります。結果だけ見ると自分は多くの敵を倒した、味方はやられすぎ、なのですが実際は自分の援護が足りない可能性があるのです。

うまいチームだとお互いに連携しますから、キルとアシストが多く、デスが少なくなります。いい試合展開とは、チームみんなが活躍できたものを言うのです。

関連記事
2012-04-03 / Halo:Reach編集) / Pagetop▲
スポンサード リンク
カテゴリ

■タイトルリストをみる

訪問者数
スポンサード リンク
ウィジェット